癌の名医がいる病院。命を救う癌専門医の治療や手術
   癌名医のいる病院や手術・治療などの情報。皆さんの生存率が上がり、完治を果たすことを願っています。
癌一覧

 腎臓がんの症状
早期のうちは目立った徴候はなく、定期検診等で見つかる場合がおよそ半数を占めています。進行した腎臓がん症状としては、血尿や腹部のしこり、脇腹の疼痛が典型的です。それ以外にも、食欲不振や体重減少、微熱、貧血が見られる場合もあります。ただし、他の疾患が原因の場合と見分けをつけることは困難なので、病院で検査を受けることが必要です。

腎臓がんの症状を見つけるために有効なのは画像診断で、スクリーニングとして使われるのが腹部超音波検査です。この方法なら簡単に使うことができ、体にかかる負担も小さく抑えることができます。超音波検査で問題がある場合には、CTやMRIを用いて詳細を判定します。他にも、転移の有無を判定するためにX線検査や骨シンチグラフィ-を使います。定期的に人間ドックや健康診断を受けておけば、自覚症状がない段階で発見できることが多く、早期発見につながります。

原因については不明な部分が多いのですが、喫煙習慣や脂肪の摂取量が多すぎること、遺伝的要素が危険因子と考えられています。現状として、予防をするのは難しい部分があるため、早期発見をできるようにしておくことが重要です。診断されてから名医を見つけることも重要ですが、初期症状のうちに治療を始めることも、それに劣らず有意義なことなのです。


癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

 胆嚢癌の症状
胆嚢癌は女性に多く、好発年齢が60歳代となっています。早期のうちは目立った症状はありませんが、進行するにつれ、腹痛や黄疸、腹部のしこりを感じるようになり、さらに食欲不振、体重減少、発熱といった症状が見られるようになります。発症の原因としては胆石症や膵胆管合流異常症が関与しているのではないかと推測されています。

発見が難しいことが胆嚢癌の特徴の1つとなっています。定期検診を受けることが早期発見の鍵となり、とくに胆石症がある方は注意しておく必要があります。病期(ステージ)は0期からⅣ期に分けられますが、0期やⅠ期では一般的に5年生存率が90%以上であるのに対し、Ⅱ期ではおよそ40%、Ⅲ期で20%、Ⅳ期になると10%以下となってしまいます。発見時に末期に近いほど予後の経過が悪くなりますので、早期発見は胆嚢癌の治療においても重要な意味を持ちます。

治療においては、手術が中心的な役割を果たしており、手術ができない場合や、単独では十分ではないと判断される場合には、抗がん剤を使った化学療法や放射線治療を使うことになります。ただし、一部のケースを除き、胆嚢癌は放射線治療の効果が低いとされています。また、手術を行う場合には、胆嚢のみにとどまらず、肝臓や胆管、十二指腸、大腸等へ浸潤している場合には複数の臓器を切除の対象とすることになります。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

copyright © 2005 癌の名医がいる病院。命を救う癌専門医の治療や手術 all rights reserved.