癌の名医がいる病院。命を救う癌専門医の治療や手術
   癌名医のいる病院や手術・治療などの情報。皆さんの生存率が上がり、完治を果たすことを願っています。
癌一覧

 喉頭がん闘病記から名医を見つける
喉頭がん闘病記には名医についての記述が残されていることがあります。症状が大きく改善したり、完治したりすれば、そのことを書きたいと考えるのは、極めて自然なことです。その際、主治医の貢献が大きいと判断すれば、そのことも記述するでしょう。

そのようにして、喉頭がん闘病記に名医の情報が掲載されることになります。ここで注目したいのは、患者さんの生の声であるということです。実際に接していて優秀な専門医であるという評価を下したということは、治療の成果だけではなく、普段の情報開示や相談に乗るといったことも含めての評価であることが考えられます。

そうなると、ただ単に生存率等で評価した名医ランキング等よりも、喉頭がん闘病記の情報に信憑性があるという部分もあるでしょう。第三者がうわべだけの数字で判断した結果よりも、治療の現場に身を置く患者さんが高い評価をしたのですから、それだけ信頼できる情報だということです。

ただし、喉頭がん闘病記の名医情報は、書いた方の主観による部分が大きいことも無視することはできません。つまり、十分な情報に基づいて下された結論ではなく、自分が偶然完治したので専門医が優秀であるという考えに至った可能性もあるということです。

ただ単に、症状が軽くて治療が簡単だっただけだということもあります。喉頭がん闘病記に名医と書いてあるからといって、文字通りに受け止めるわけにはいきません。
どのような根拠で判断をしたのかを判断するようにしましょう。自分の価値基準で納得できない情報は、取り入れるべきではありません。

喉頭がん闘病記を読むことで、いまいちイメージしづらかった治療や症状の変化が、具体的に想像できるようになることもあります。ネットで簡単に読むことができますので、興味のあるものを読んでみると、参考になると思います。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

 喉頭がんが初期症状のうちに名医を見つける
喉頭がん初期症状のうちに発見できたのなら、末期に至るまでには時間があるということです。その場合なら、専門医から早急に治療を受けることはもちろん大切ですが、それと並行して名医を探す時間の余裕があります。

末期に近づくほど、残された時間は少なくなってきます。名医の治療を受けたいと願うなら、喉頭がんが初期症状のうちがチャンスです。探すのに多少時間がかかったとしても、許容範囲で済む確率も高く、仮に名医が見つからなくても、治療の成功率が比較的高いのが、この時期です。

病気にならないことが一番ですが、喉頭がんが初期症状の段階で見つけられたことも、考えようによっては幸運なことです。もっと遅くに見つかるようなことになれば、生存率は低下して、ますます命が危険にさらされていたのです。そうした観点からすると、とても運に恵まれていたことになるでしょう。

健康な人にとっては、喉頭がんが初期症状であっても、恐ろしい病気にかかってしまって大変だと思うでしょう。しかし、末期の患者さんにとっては、早い段階で見つけて、治療を行うことができることがうらやましいものです。どちらの立場に立って考えるかによって、世の中の見え方は大きく異なるということでしょう。

一方が真実で、他方が虚偽というわけではありません。見方の違いだけです。しかし、喉頭がんを初期症状のまま放置してしまったのでは、悪化させようとしているのと同じことです。せっかく治療が可能な時期に見つけることができたのですから、専門医から治療を受けましょう。
末期に近づくほど、治療の代償も大きくなります。抗がん剤の副作用や、手術によって声を失うことが代表例でしょう。喉頭がんは初期症状から悪化した段階で、初めて腫瘍が見つかることも多々あります。早い段階で見つかったのなら、患者さんの中ではとても幸運な境遇にいると思ってよいでしょう。


癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

 喉頭がんの症状を名医に相談する
喉頭がん症状があると告知をされると、まずは名医に診断結果を説明してほしいと考える人も少なくないでしょう。今後の治療方針のことも含めて、信頼できる専門医に相談したいと思うことは自然なことです。

まずは正確に喉頭がんの症状を把握するところから、適切な治療方法の決定が始まります。現状を間違って認識してしまっては、処置だって正確なものにはなりません。そのため、できるだけ早い段階から、名医に関わってもらっておくことが好ましいということになります。

名医に喉頭がんの症状について相談し、どのくらいの期間で完治が見込めるかを聞いておきましょう。闘病生活の見当をつけておくことは、精神的なプレッシャーを小さくするために有効なことです。慣れない闘病生活だからこそ、不明点をできる限り解消し、全体像を明確にすることで、無駄な恐れや不安を取り除くことができます。

目先の症状に一喜一憂することなく、喉頭がん名医を信頼することも大切なことです。体調は日々変化するものですし、自覚症状がすべてを表しているわけではありません。もちろん、気付いたことについては、専門医に漏れのないように報告しておくようにして下さい。自己申告がないと、なかなか分かりづらいこともあるからです。

今後の見通しや喉頭がんの症状について、名医とよくコミュニケーションを取るように心がけてください。日頃から、何でも話せる関係になっておけば、報告すべきか迷った時でも、気軽に伝えることができます。相手は専門医だからと身構えるのではなく、自分の体を治すために働いてくれる人として、包み隠さずに気になることは質問してしまいましょう。

この先、喉頭がんの症状がどのように進展していくのか、不安に思うこともあるでしょう。自分の中で疑問をくすぶらせておけば、それが不安を生み出す種になります。正確ではないにしても、どのような見通しを持っているか、名医に尋ねてみると良いでしょう。すこしでも情報が増えれば、落ち着いて治療に励むことができるはずです。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

copyright © 2005 癌の名医がいる病院。命を救う癌専門医の治療や手術 all rights reserved.