癌の名医がいる病院。命を救う癌専門医の治療や手術
   癌名医のいる病院や手術・治療などの情報。皆さんの生存率が上がり、完治を果たすことを願っています。
癌一覧

 大腸がんの手術を名医から受ける
大腸がん手術を名医から受けるためには、病院選びが鍵になります。執刀医の腕が結果に直結するだけに、ここで妥協することは将来に向けて大きな影響を及ぼすことになりかねません。ちょっとした失敗が、再発につながることもあります。

そのため、大腸がんの手術は名医に執刀してもらうのが、最も安心でしょう。これまでにも多くの手術を行い、技術にも定評のある名医であれば、信頼を置くことができます。どれだけの信頼関係を築けるかによって、精神的な安定の度合いも異なってきます。

大腸がんの手術の予定日が近づくにつれ、日に日に緊張と心許なさが募っていくのでは、精神的にも辛いでしょう。きっと大丈夫だという希望を持つことは、ストレスで身体に悪影響を与えないためにも大切なことです。

最近では、開腹をしないで内視鏡により、大腸がんの手術をすることも増えてきています。内視鏡を用いる場合には、開腹を伴う場合よりも身体にかける負担が少なく、術後の回復も短期間で済むというメリットがあります。ただし、内視鏡を使う場合には、開腹よりも難易度が増しますので、熟達した技術を持った名医が執刀医であることが理想です。

内視鏡を用いて大腸がんを手術するのは、基本的にリンパ節転移がない場合に限られます。したがって、症状が悪化してリンパ節への転移が進めば、それだけ治療における選択肢が狭まることになります。このことからも、いかに早期発見の重要性が伺えるでしょう。

直接、悪性腫瘍を切除できる大腸がんの手術は、完治に向けて有効な方法です。そこに名医の技術が加われば、鬼に金棒です。放射線治療や化学療法と上手に組み合わせることで、完治を目指してがんばりましょう。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

copyright © 2005 癌の名医がいる病院。命を救う癌専門医の治療や手術 all rights reserved.