癌の名医がいる病院。命を救う癌専門医の治療や手術
   癌名医のいる病院や手術・治療などの情報。皆さんの生存率が上がり、完治を果たすことを願っています。
癌一覧

 大腸がん検診・検査の重要性
大腸がん検診検査を受けることは、初期症状を発見する上で欠かせないものです。初期症状のうちには自覚がないことがほとんどのため、定期的な検査を受けていないと、発見が遅れることになってしまいます。

いくら名医でも、大腸がん検診によって症状が発見されていない人に対しては、何もできません。病院に来てくれないことには、治療することだってできません。まずは悪性腫瘍の存在を認識することが欠かせないのですが、そのためには検査が必要です。

すぐに自覚できる病気と異なり、大腸がんは検診や検査なしでは発見が難しいのが現実です。しかし、悪性腫瘍を見つけるのが遅くなれば、その間にも症状は末期に近づいていき、死をもたらす危険が大きくなっていきます。

そのため、少なくとも年に一回は大腸がん検診を受けるといったように、定期的に検査を受けることが、初期の段階で発見するためにとても重要な施策となります。一般的には、血液や便を使った検査を行い、異常が見つかった場合に精密検査として内視鏡検査や注腸X線検査などを受けるといった流れになります。

これらの方法で大腸がん検診を受けておくことによって、早期発見の確率が高まります。理想としては、健康なままで治療や名医など無縁に暮らせたらいいのですが、どうしても加齢と共に健康リスクは増大します。対抗策として、検査を受けておくといったことも重要性を増していくのです。

大腸がん検診を受けて、特に症状がなければ安心を得ることができますし、悪性腫瘍が発見されれば、治療のチャンスを獲得できます。病院に足を運ぶのは面倒ですが、どちらにしても得るものはあるということです。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

copyright © 2005 癌の名医がいる病院。命を救う癌専門医の治療や手術 all rights reserved.