癌の名医がいる病院。命を救う癌専門医の治療や手術
   癌名医のいる病院や手術・治療などの情報。皆さんの生存率が上がり、完治を果たすことを願っています。
癌一覧

 大腸がんの手術を名医から受ける
大腸がん手術を名医から受けるためには、病院選びが鍵になります。執刀医の腕が結果に直結するだけに、ここで妥協することは将来に向けて大きな影響を及ぼすことになりかねません。ちょっとした失敗が、再発につながることもあります。

そのため、大腸がんの手術は名医に執刀してもらうのが、最も安心でしょう。これまでにも多くの手術を行い、技術にも定評のある名医であれば、信頼を置くことができます。どれだけの信頼関係を築けるかによって、精神的な安定の度合いも異なってきます。

大腸がんの手術の予定日が近づくにつれ、日に日に緊張と心許なさが募っていくのでは、精神的にも辛いでしょう。きっと大丈夫だという希望を持つことは、ストレスで身体に悪影響を与えないためにも大切なことです。

最近では、開腹をしないで内視鏡により、大腸がんの手術をすることも増えてきています。内視鏡を用いる場合には、開腹を伴う場合よりも身体にかける負担が少なく、術後の回復も短期間で済むというメリットがあります。ただし、内視鏡を使う場合には、開腹よりも難易度が増しますので、熟達した技術を持った名医が執刀医であることが理想です。

内視鏡を用いて大腸がんを手術するのは、基本的にリンパ節転移がない場合に限られます。したがって、症状が悪化してリンパ節への転移が進めば、それだけ治療における選択肢が狭まることになります。このことからも、いかに早期発見の重要性が伺えるでしょう。

直接、悪性腫瘍を切除できる大腸がんの手術は、完治に向けて有効な方法です。そこに名医の技術が加われば、鬼に金棒です。放射線治療や化学療法と上手に組み合わせることで、完治を目指してがんばりましょう。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

 大腸がん検診・検査の重要性
大腸がん検診検査を受けることは、初期症状を発見する上で欠かせないものです。初期症状のうちには自覚がないことがほとんどのため、定期的な検査を受けていないと、発見が遅れることになってしまいます。

いくら名医でも、大腸がん検診によって症状が発見されていない人に対しては、何もできません。病院に来てくれないことには、治療することだってできません。まずは悪性腫瘍の存在を認識することが欠かせないのですが、そのためには検査が必要です。

すぐに自覚できる病気と異なり、大腸がんは検診や検査なしでは発見が難しいのが現実です。しかし、悪性腫瘍を見つけるのが遅くなれば、その間にも症状は末期に近づいていき、死をもたらす危険が大きくなっていきます。

そのため、少なくとも年に一回は大腸がん検診を受けるといったように、定期的に検査を受けることが、初期の段階で発見するためにとても重要な施策となります。一般的には、血液や便を使った検査を行い、異常が見つかった場合に精密検査として内視鏡検査や注腸X線検査などを受けるといった流れになります。

これらの方法で大腸がん検診を受けておくことによって、早期発見の確率が高まります。理想としては、健康なままで治療や名医など無縁に暮らせたらいいのですが、どうしても加齢と共に健康リスクは増大します。対抗策として、検査を受けておくといったことも重要性を増していくのです。

大腸がん検診を受けて、特に症状がなければ安心を得ることができますし、悪性腫瘍が発見されれば、治療のチャンスを獲得できます。病院に足を運ぶのは面倒ですが、どちらにしても得るものはあるということです。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

 大腸がんの症状を名医と克服
大腸がん症状は名医の治療によって、克服できるものです。これまでにも、多くの症例が研究され、不治の病という悪名は払拭されました。しかしながら、今でも命に関わる大問題であることには変わりません。

名医ではなくても大腸がんの症状を治療することはできますが、やはり経験豊富な専門医の方が、より効果的な治療をすることを望めるでしょう。末期に発展してしまえば、徐々に生存率は下がっていきますので、それまでに対応することが大切です。

そのためには、大腸がんの症状が初期にとどまっているうちに発見することも大切です。いくら名医であっても、転移が進んでしまえば、それだけ回復させるのには時間がかかりますし、場合によっては完治させることができなくなることだってあります。

短期間で大腸がんの症状を克服するためには、名医による治療のほかに、検診によって初期の段階で発見しておくことが鍵になります。時間が経つほどに悪性腫瘍が広がったり、深化したりすることになりますので、克服を目指す上での障害となります。

初期には自覚がないことが多い大腸がんの症状ですが、血便や肛門からの出血、便通の異常、貧血などが一例として挙げられます。ただし、これらも他の病気の症状として見られるものであることから、なかなか自覚するのは難しいでしょう。

大腸がんの症状が発見されたら、一日も早く名医を見つけ、克服に向けて治療を始めることが大切です。完治に向けての取り組みは、時間との戦いという側面があることを忘れないで下さい。時間を無駄にすることは、生命を危険にさらすことになります。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

copyright © 2005 癌の名医がいる病院。命を救う癌専門医の治療や手術 all rights reserved.