癌の名医がいる病院。命を救う癌専門医の治療や手術
   癌名医のいる病院や手術・治療などの情報。皆さんの生存率が上がり、完治を果たすことを願っています。
癌一覧

 喉頭がんが初期症状のうちに名医を見つける
喉頭がん初期症状のうちに発見できたのなら、末期に至るまでには時間があるということです。その場合なら、専門医から早急に治療を受けることはもちろん大切ですが、それと並行して名医を探す時間の余裕があります。

末期に近づくほど、残された時間は少なくなってきます。名医の治療を受けたいと願うなら、喉頭がんが初期症状のうちがチャンスです。探すのに多少時間がかかったとしても、許容範囲で済む確率も高く、仮に名医が見つからなくても、治療の成功率が比較的高いのが、この時期です。

病気にならないことが一番ですが、喉頭がんが初期症状の段階で見つけられたことも、考えようによっては幸運なことです。もっと遅くに見つかるようなことになれば、生存率は低下して、ますます命が危険にさらされていたのです。そうした観点からすると、とても運に恵まれていたことになるでしょう。

健康な人にとっては、喉頭がんが初期症状であっても、恐ろしい病気にかかってしまって大変だと思うでしょう。しかし、末期の患者さんにとっては、早い段階で見つけて、治療を行うことができることがうらやましいものです。どちらの立場に立って考えるかによって、世の中の見え方は大きく異なるということでしょう。

一方が真実で、他方が虚偽というわけではありません。見方の違いだけです。しかし、喉頭がんを初期症状のまま放置してしまったのでは、悪化させようとしているのと同じことです。せっかく治療が可能な時期に見つけることができたのですから、専門医から治療を受けましょう。
末期に近づくほど、治療の代償も大きくなります。抗がん剤の副作用や、手術によって声を失うことが代表例でしょう。喉頭がんは初期症状から悪化した段階で、初めて腫瘍が見つかることも多々あります。早い段階で見つかったのなら、患者さんの中ではとても幸運な境遇にいると思ってよいでしょう。


癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

copyright © 2005 癌の名医がいる病院。命を救う癌専門医の治療や手術 all rights reserved.