癌の名医がいる病院。命を救う癌専門医の治療や手術
   癌名医のいる病院や手術・治療などの情報。皆さんの生存率が上がり、完治を果たすことを願っています。
癌一覧

 胃がん検診を受ける意義
胃がん検診は年に一回以上受けることが勧められていますが、これには十分な意味があるのでしょうか?自覚症状が出てから受けるのでは遅いのかと思う方がいらっしゃると思いますが、自覚症状が出た頃にはすでに初期とは呼べないことがあるうえ、胃潰瘍などと誤解してしまうこともあります。

そのため、たとえ自覚はなくても胃がん検診を受けておかないと、発見が遅れてしまうことがあります。名医に治療を受けたとしても、転移が進んだり腫瘍が大きくなってしまったりしては、それだけ完治が難しくなります。自分では気付かないことが多々あるという現実を認識した上で、胃がん検診を考えてみてください。

もっとも一般的に行われている方法はX線検査です。バリウム(造影剤)と発泡剤(胃を膨らませる薬)を飲んだ上で、粘膜を調べる検査です。ちなみに、バリウムというと、飲みづらいイメージがありますが、かつてと比べ飲みやすくて少量で済むものが開発されているため、それほど抵抗なく飲めるようになっています。

もし、胃がん検診で悪性腫瘍が発見されたとしても、慌てる必要はありません。初期のステージのうちに治療を始めることができれば、生存率は低くありません。不治の病のイメージがあるかもしれませんが、現在では完治を目指せる病気になっています。

早い段階で胃がん検診によって悪性腫瘍を見つけられれば、それから名医を探すだけの時間的余裕もできることになります。これは大きなメリットです。まずは自分の体に悪性腫瘍があることを認識しなければ、何も始まらないのです。

闘病生活で勝利するための第一歩が、胃がん検診で、そこから治療も始まります。名医の手術で腫瘍を切除したり、抗がん剤や放射線治療を用いたりと、治療の方法はいくつかありますが、共通して言えることは、早期発見を成功させることによって、完治できる可能性は高まるということです。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

copyright © 2005 癌の名医がいる病院。命を救う癌専門医の治療や手術 all rights reserved.