癌の名医がいる病院。命を救う癌専門医の治療や手術
   癌名医のいる病院や手術・治療などの情報。皆さんの生存率が上がり、完治を果たすことを願っています。
癌一覧

 胃がんの手術は名医に執刀してもらう
胃がん手術は名医が執刀医となってくれることが望ましいです。多くの経験があり、高い技術を誇る名医であれば、成功に導いてくれる確率も高まるでしょう。不慣れな医師に任せたのでは、不安が募って仕方がありません。

一言で胃がんの手術と言ってもいくつかの方法があり、初期症状の患者さんで、粘膜の表面に腫瘍がが留まっており、リンパ節への転移が無いと考えられる場合は内視鏡にて切除することが可能です。

また、腹腔鏡を使って胃がんの手術を行うこともあります。内視鏡では対応できない場合でも、通常の開腹の場合と比べて体への負担が少なく、術後の回復も早いことが特徴です。この場合、腹腔鏡を入れるために1cm程度の小さな穴をあけることになります。

最後に、回復を伴う胃がん手術があります。これがもっとも基本となるものであり、腫瘍の範囲が比較的広く分布している場合などに用いられます。内視鏡や腹腔鏡を用いる場合に比べると、体にかかる負担は大きくなります。

どの方法を用いるにしても、名医から胃がんの手術を受けたいと思う患者さんが多いと思います。その時になってから慌てなくて済むように、できるだけ早い段階で名医を見つけておくことがとても大切なことになってきます。

胃がんの手術は、化学療法や放射線治療と比べても、心理的に抵抗が強い治療方法です。上手くいけば悪性腫瘍を切除して完治が見込めるものの、失敗した時のことを想像すると、なかなか踏み切れないというお話はよく聞きます。

しかし、決断を先延ばしにすることで、問題が解決するわけではありません。放置すれば、その間にも症状は悪化し、転移してしまうリスクも大きくなります。胃がんの手術を任せられる名医を見つけ、完治を目指してがんばりましょう。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

copyright © 2005 癌の名医がいる病院。命を救う癌専門医の治療や手術 all rights reserved.