癌の名医がいる病院。命を救う癌専門医の治療や手術
   癌名医のいる病院や手術・治療などの情報。皆さんの生存率が上がり、完治を果たすことを願っています。
癌一覧

 肝臓がん末期から名医の力で完治へ
肝臓がん末期に進行すると、名医でも治療の方法が限られてきます。転移の状態によっては、他の臓器も含めて治療を行っていかなくてはならなくなります。症状が進行すればするほど、危機的な状態に陥ってしまうのです。

しかし、この状態になったからといって、人生が終わってしまったわけではありません。肝臓がんの末期から名医の力で完治まで回復した患者さんもいますし、手術や放射線治療、化学療法などによって対応することができます。かつてとは異なり、不治の病という位置付けは崩れていますので、希望を失うことのないようにすることが大切です。

初期症状と比べて、肝臓がん末期は名医でも簡単には完治させることができないのは事実です。したがって、もっとも重要なのは初期症状のうちに発見することです。アルコールの量を控えめにしたり、休肝日を設けたりすることも、対策の一つでしょう。

ただし、それらは症状が悪化しないように原因を削っているにすぎません。肝臓がん末期になるまでに発見するためには、定期的な検査が有効でしょう。正確な知識を持つことで、兆候を見極められるようにするという方法もありますが、自覚が出てきた段階で、すでに初期症状とは呼べない状態になってしまっていることもあります。

そのため、自覚の有無に関わらず、検査を受けることは体調管理のために大切なことです。肝臓がん末期になってから名医を探す場合、残されている時間がありません。名医を見つけるのに時間をかけすぎれば、その間に余命が縮んでいくことになってしまうので、その点は注意してください。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

copyright © 2005 癌の名医がいる病院。命を救う癌専門医の治療や手術 all rights reserved.