癌の名医がいる病院。命を救う癌専門医の治療や手術
   癌名医のいる病院や手術・治療などの情報。皆さんの生存率が上がり、完治を果たすことを願っています。
癌一覧

 胃がんの初期症状を名医に治してもらうために
胃がん初期症状の段階で発見することができれば、生存率や根治の可能性が高まります。問題は、胃の痛みや膨満感、吐き気、胸焼けなどの自覚が出てきた頃には、すでに進行してしまっていることが多いことです。そのため、胃がんの初期症状を体の不調として感知することは難しいのです。

自分の身体感覚として気付きづらい以上、定期的な検査を受けておくことが大切です。名医でも、病院に来てくれない患者さんには何もできません。まずは悪性腫瘍が発見するところからすべてが始まるのであり、胃がんの初期症状のうちに発見するためには、自主的に病院に来てもらう以外にはありません。

名医は専門医の中でも優秀な医師ですが、何でもできるというわけではありません。転移が進んでしまえば、それだけ治療にかかる期間も長引きますし、根治が困難になることもあります。胃がんが初期症状のうちなら内視鏡手術によって、体にかける負担も小さくて済んだのに、気付かずに放置してしまったばかりに長期にわたる放射線治療や化学療法を用いなくてはならなくなることもあります。

癌は恐ろしいものですが、不治の病ではありません。ただし、処置が遅れれば死亡率は高まっていきます。だからこそ、どれだけ迅速に対処できるかが問われるのです。定期的な検査を受けて胃がんを初期症状のうちに見つけ出すことができれば、名医に相談して大抵の場合は根治できるでしょう。

普段の暮らしの中で、少しだけ健康管理の時間を設けるかどうかが、寿命を大きく変えることがあります。悪性腫瘍を放置しないためにも、自分の体の状態を日頃から把握できるようにしておきましょう。そのための大切な一歩が、検査を受けに病院に行くことです。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

copyright © 2005 癌の名医がいる病院。命を救う癌専門医の治療や手術 all rights reserved.