癌の名医がいる病院。命を救う癌専門医の治療や手術
   癌名医のいる病院や手術・治療などの情報。皆さんの生存率が上がり、完治を果たすことを願っています。
癌一覧

 胃がんの初期症状を名医に治してもらうために
胃がん初期症状の段階で発見することができれば、生存率や根治の可能性が高まります。問題は、胃の痛みや膨満感、吐き気、胸焼けなどの自覚が出てきた頃には、すでに進行してしまっていることが多いことです。そのため、胃がんの初期症状を体の不調として感知することは難しいのです。

自分の身体感覚として気付きづらい以上、定期的な検査を受けておくことが大切です。名医でも、病院に来てくれない患者さんには何もできません。まずは悪性腫瘍が発見するところからすべてが始まるのであり、胃がんの初期症状のうちに発見するためには、自主的に病院に来てもらう以外にはありません。

名医は専門医の中でも優秀な医師ですが、何でもできるというわけではありません。転移が進んでしまえば、それだけ治療にかかる期間も長引きますし、根治が困難になることもあります。胃がんが初期症状のうちなら内視鏡手術によって、体にかける負担も小さくて済んだのに、気付かずに放置してしまったばかりに長期にわたる放射線治療や化学療法を用いなくてはならなくなることもあります。

癌は恐ろしいものですが、不治の病ではありません。ただし、処置が遅れれば死亡率は高まっていきます。だからこそ、どれだけ迅速に対処できるかが問われるのです。定期的な検査を受けて胃がんを初期症状のうちに見つけ出すことができれば、名医に相談して大抵の場合は根治できるでしょう。

普段の暮らしの中で、少しだけ健康管理の時間を設けるかどうかが、寿命を大きく変えることがあります。悪性腫瘍を放置しないためにも、自分の体の状態を日頃から把握できるようにしておきましょう。そのための大切な一歩が、検査を受けに病院に行くことです。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

 名医の胃がん治療の効果
胃がん治療を名医から受けることによって、再び健康な体に戻り、好きなものをたくさん食べたいと願う方にとって、問題なのはどうやって名医を探すかということでしょう。

胃がん治療を名医ではない専門医から受けられる病院はたくさんあります。見つけるのは難しくないでしょう。しかし、ひとたび名医を探し始めて気付くことは、情報が乏しいということです。医療関係の仕事に従事していた人でもない限り、病気のことについては詳しくないのが普通です。

そのため、胃がん治療をしなくてはならないと言われても、そんな実感はまるでないというのが、ほとんどのケースのはずです。唐突に告げられた闘病生活の始まりに、戸惑わないでいられる人は多くないはずです。

年齢を重ねれば、健康を害するリスクが大きくなることは当然のこととしても、それを肌身で感じている人は少ないものです。胃がん治療など、どこか遠くの世界の出来事と受け止めている人が、ほとんどのはずです。

そんな状態で、突然名医から胃がん治療を受けたいと思うようになったのですから、情報が不足していて当然です。まったくそんな趣味もなかった人が、骨董品や絵画について興味を持ち始めたようなもので、右も左も分からないのは仕方がありません。

ただし、時間が経過するだけ、症状が進行する隙を与えてしまうことになります。胃がん治療を名医から受けたいと願うのなら、あまり時間をかけているばあいではありません。ゆっくり試行錯誤するだけの暇はないのです。一刻も早く名医を見つけたい方は、「
癌と闘うために」を参考にしてください。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

 胃がん検診を受ける意義
胃がん検診は年に一回以上受けることが勧められていますが、これには十分な意味があるのでしょうか?自覚症状が出てから受けるのでは遅いのかと思う方がいらっしゃると思いますが、自覚症状が出た頃にはすでに初期とは呼べないことがあるうえ、胃潰瘍などと誤解してしまうこともあります。

そのため、たとえ自覚はなくても胃がん検診を受けておかないと、発見が遅れてしまうことがあります。名医に治療を受けたとしても、転移が進んだり腫瘍が大きくなってしまったりしては、それだけ完治が難しくなります。自分では気付かないことが多々あるという現実を認識した上で、胃がん検診を考えてみてください。

もっとも一般的に行われている方法はX線検査です。バリウム(造影剤)と発泡剤(胃を膨らませる薬)を飲んだ上で、粘膜を調べる検査です。ちなみに、バリウムというと、飲みづらいイメージがありますが、かつてと比べ飲みやすくて少量で済むものが開発されているため、それほど抵抗なく飲めるようになっています。

もし、胃がん検診で悪性腫瘍が発見されたとしても、慌てる必要はありません。初期のステージのうちに治療を始めることができれば、生存率は低くありません。不治の病のイメージがあるかもしれませんが、現在では完治を目指せる病気になっています。

早い段階で胃がん検診によって悪性腫瘍を見つけられれば、それから名医を探すだけの時間的余裕もできることになります。これは大きなメリットです。まずは自分の体に悪性腫瘍があることを認識しなければ、何も始まらないのです。

闘病生活で勝利するための第一歩が、胃がん検診で、そこから治療も始まります。名医の手術で腫瘍を切除したり、抗がん剤や放射線治療を用いたりと、治療の方法はいくつかありますが、共通して言えることは、早期発見を成功させることによって、完治できる可能性は高まるということです。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

 胃がんの食事の注意点
胃がん食事は密接な関係を持っています。毎日口にするものが、体に与える影響が小さくないことは、容易に察することができるでしょう。胃がんの原因に食事が該当することもありますし、予防となることだってあります。発ガン性の高いものばかりを口にしていれば、症状が出るのも仕方がないでしょう。

このように、胃がんが食事によって誘発されることがあります。消化器官が食べ物によって負担をかけられることは理解しやすいことかと思います。一食ごとの負担は小さくても、長年継続することで、無視できない結果となるのです。

体によいものを口にすれば健康維持や病気の予防になりますし、胃がんが食事で引き起こされるようなことだってあります。対照的ですが、意識していないと、自分がどちらに属しているかもわからなくなってしまいます。

また、手術をした場合、術後に胃がんの食事のことを考えておくことも大切です。何でも好き勝手に口にしていいというわけではないので、専門医と十分に協議を行っておくことが必要です。一方的に話を聞くのではなく、自分の好物なども含めて、できるだけ無理なく継続できるようなメニューを相談する方がよいでしょう。

しばらくの間は我慢できても、胃がんになって食事も長期間に渡って厳しく制限されたのでは、精神的に参ってしまいます。そうならないように、体に無理をさせないようなメニューで、自分の楽しみにもなるようにしておくことが大切です。

治療は一時的なものではありません。胃がんのために食事に気を使うのであれば、短期的な視点だけではなく、長期的な観測を持つ必要があります。名医であっても、口にするものを管理することはできません。あなたの意思の強さが問われることになります。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

 胃がん闘病記には名医探しのヒントが満載
胃がん闘病記に名医の記載があることは珍しいことではありません。したがって、そこから名医を見つけるためのヒントを得ることができるのです。病院名や医師の名前が公開されていることもありますし、ネット上で公開されている胃がん闘病記の中に、管理人の方の連絡先が記載されていることもあります。

メールで直接医師の所在を問い合わせれば、教えてもらえる可能性は十分にあるでしょう。もちろん、胃がん闘病記に記載されていることのすべてが信憑性のある情報と言うわけではありませんので、検証は自分で行う必要があります。

誤った情報をつかんで被害をこうむるのはあなたです。胃がん闘病記に名医として記載されていても、それは十分な取材に基づいたものではないことが多々あります。あくまでも著者の方の率直な感想でしかない可能性を考慮しておくべきでしょう。

そのような落とし穴があるにしても、胃がん闘病記が名医探しに一役買う存在であることは変わりません。また、それ以外の役割を果たすことも無視することはできません。たとえば、治療や手術、症状の経過などについて患者さんの目線から捉えた場合の物の見方を知ることができます。

専門医からの情報は、あくまでも治療を行う病院側から見たものです。いくら患者側の立場に立っているつもりでも、症状を患っていない専門医には分からない感情もあります。その点、胃がん闘病記は実際に症状を治療している患者さんが執筆しているものですので、共感できる部分も多いはずです。

仕事や日常生活と、治療との兼ね合いを理解すると意味でも、具体的な事例を見ておくことは心の準備をする上で、大いに役立ちます。今後、自分の身に起こることに対する備えのためにも、胃がん闘病記を読んでみてはいかがでしょうか。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

 胃がんの手術は名医に執刀してもらう
胃がん手術は名医が執刀医となってくれることが望ましいです。多くの経験があり、高い技術を誇る名医であれば、成功に導いてくれる確率も高まるでしょう。不慣れな医師に任せたのでは、不安が募って仕方がありません。

一言で胃がんの手術と言ってもいくつかの方法があり、初期症状の患者さんで、粘膜の表面に腫瘍がが留まっており、リンパ節への転移が無いと考えられる場合は内視鏡にて切除することが可能です。

また、腹腔鏡を使って胃がんの手術を行うこともあります。内視鏡では対応できない場合でも、通常の開腹の場合と比べて体への負担が少なく、術後の回復も早いことが特徴です。この場合、腹腔鏡を入れるために1cm程度の小さな穴をあけることになります。

最後に、回復を伴う胃がん手術があります。これがもっとも基本となるものであり、腫瘍の範囲が比較的広く分布している場合などに用いられます。内視鏡や腹腔鏡を用いる場合に比べると、体にかかる負担は大きくなります。

どの方法を用いるにしても、名医から胃がんの手術を受けたいと思う患者さんが多いと思います。その時になってから慌てなくて済むように、できるだけ早い段階で名医を見つけておくことがとても大切なことになってきます。

胃がんの手術は、化学療法や放射線治療と比べても、心理的に抵抗が強い治療方法です。上手くいけば悪性腫瘍を切除して完治が見込めるものの、失敗した時のことを想像すると、なかなか踏み切れないというお話はよく聞きます。

しかし、決断を先延ばしにすることで、問題が解決するわけではありません。放置すれば、その間にも症状は悪化し、転移してしまうリスクも大きくなります。胃がんの手術を任せられる名医を見つけ、完治を目指してがんばりましょう。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

 スキルス胃がんの名医特集
スキルス胃がん名医との出会いが、その後の闘病生活に及ぼす影響は小さなものではないでしょう。初期症状のうちに発見できたのなら幸運ですが、多くの場合には初期には自覚症状がなく、ある程度進行してから発見されることになります。

できるかぎり迅速にスキルス胃がんの名医を見つけ、手術や抗がん剤の投与など、治癒のために必要な処置をとるべきです。処置が遅れれば、その分だけ生存率が下がります。名医であっても、万能ではありません。末期に近づくほどに、治療は難しくなっていきます。

遠くにあると思っていた危機は、意外にすぐそばまで寄って来ていることがあります。スキルス胃がんの名医を見つけなくてはならないと思いながら、先延ばしにしているうちに手遅れになることは、十分にありえることです。そうなる前に、自分で手を打つことができるかどうかが大切なのです。

手遅れになってから後悔しても、どうにもなりません。自分の葬儀を真剣に考えなくてはならなくなる前に、スキルス胃がんの名医を見つけることを考えましょう。残された時間が長いかどうかは、症状の進展にもよりますが、先手を打つにこしたことはありません。

生きるためにすべきことを放棄したら、いずれそのツケを返す日がきます。スキルス胃がんは命を奪う病気です。症状を放置することなく、一刻も早く納得のいく治療を受けて完治を目指しましょう。完治させることができれば、ふたたび健康な体を取り戻すことができるのです。

スキルス胃がんは恐ろしい病気ですが、適切な時期に治療を行えば、克服できる可能性の高い病気です。名医の助けを借りることができれば、なおさら安心です。告知を受けて焦ってしまうのは分かりますが、着実に一歩一歩完治に向けての歩みを進めていきましょう。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

 胃がん名医と症状の改善
胃がん名医の力によって症状が改善を示したというのは、よく聞く話です。一方で、どこまでが本当なのかが分からない情報でもあります。そもそも、名医とはどのような定義で語られているかが分からないところがあります。たしかに、治療困難な胃がんの症状を劇的に改善することができれば、優秀な専門医でしょう。

しかし、そうした実績を蓄積し、データを集積する第三者機関があるわけでもありません。その意味では、目立つ手術を行って成功させれば、それだけで医療関係者の間では胃がんの名医と賞賛され、特定の症状にしか適性がないような専門医であっても、過大な期待を抱かせてしまうことになることも考えられます。

これはその専門医ばかりを責めるわけにはいかないでしょう。少なくとも、患者さんとしては症状によって胃がんの名医にも得手不得手があるかもしれないことは理解しておいた方が賢明でしょう。幻想のように美化してしまうと、現実がついてこなくなる危険性があります。

たとえ名医でも胃がんの症状を改善するための基本的な治療方法は同じです。難易度の高い手術方法などについては選択肢が広がることもありますし、最新治療であっても同様ですが、従来の治療法であれば、根本的に異なるというわけではないのです。

もちろん、同じ方法を用いるとしても、力量の違いによって胃がんの名医の方が症状を改善させられる確率が高いということは言えるでしょう。一つ一つの仕事を正確に行うということは大切なことです。特に、病院では命に直結することが日常茶飯事で行われていますので、その中で気を緩めることなく、緊張感を持続させることは簡単なことではありません。

そんな困難を可能にしてこそ、胃がん名医と呼べるのでしょう。信頼できる専門医を見つけて、症状を克服しましょう。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

copyright © 2005 癌の名医がいる病院。命を救う癌専門医の治療や手術 all rights reserved.