癌の名医がいる病院。命を救う癌専門医の治療や手術
   癌名医のいる病院や手術・治療などの情報。皆さんの生存率が上がり、完治を果たすことを願っています。
癌一覧

 喉頭がん闘病記から名医を見つける
喉頭がん闘病記には名医についての記述が残されていることがあります。症状が大きく改善したり、完治したりすれば、そのことを書きたいと考えるのは、極めて自然なことです。その際、主治医の貢献が大きいと判断すれば、そのことも記述するでしょう。

そのようにして、喉頭がん闘病記に名医の情報が掲載されることになります。ここで注目したいのは、患者さんの生の声であるということです。実際に接していて優秀な専門医であるという評価を下したということは、治療の成果だけではなく、普段の情報開示や相談に乗るといったことも含めての評価であることが考えられます。

そうなると、ただ単に生存率等で評価した名医ランキング等よりも、喉頭がん闘病記の情報に信憑性があるという部分もあるでしょう。第三者がうわべだけの数字で判断した結果よりも、治療の現場に身を置く患者さんが高い評価をしたのですから、それだけ信頼できる情報だということです。

ただし、喉頭がん闘病記の名医情報は、書いた方の主観による部分が大きいことも無視することはできません。つまり、十分な情報に基づいて下された結論ではなく、自分が偶然完治したので専門医が優秀であるという考えに至った可能性もあるということです。

ただ単に、症状が軽くて治療が簡単だっただけだということもあります。喉頭がん闘病記に名医と書いてあるからといって、文字通りに受け止めるわけにはいきません。
どのような根拠で判断をしたのかを判断するようにしましょう。自分の価値基準で納得できない情報は、取り入れるべきではありません。

喉頭がん闘病記を読むことで、いまいちイメージしづらかった治療や症状の変化が、具体的に想像できるようになることもあります。ネットで簡単に読むことができますので、興味のあるものを読んでみると、参考になると思います。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

 舌癌は病院によって生存率が異なる
舌癌病院ごとに治療のレベルがまちまちなため、生存率にも差があることはご理解いただけると思います。名医がいる場合もあれば、設備やスタッフの技術力に問題がある場合もあります。それぞれの場合、結果にも影響が出てくることになります。

そのため、舌癌は病院選びを失敗すると、自分の命を危険にさらすことになるのです。これまでの治療実績や専門医の評判などによって、適切な医療機関を選ぶことが、完治に向けて大切なことになります。

患者さんには、専門医のような知識を持つことは要求できません。舌癌について病院が圧倒的に知識や経験を持っているのですから、主導権を預けることになります。その相手にふさわしいかどうかの検討を行うことは、当たり前のことではないでしょうか?

無分別に病院を選んでしまったために、舌癌の症状が改善しないのでは、後悔しきれないでしょう。自分で治療を行うために、専門医になるための勉強を行うわけにはいかない以上、どれだけ信頼できる専門医を見つけることができるかということが、患者さんが完治のためにできる、もっとも大きな行為ではないでしょうか。

舌癌の名医がいる病院は多くありません。ごく一握りの名医を見つけることができれば、それだけ治療や手術のレベルは担保されることになるでしょう。しかし、家の近所だからというだけで、専門医の実績も確認しない人も少なくはないのです。

たしかに、利便性は大切です。しかし、命が危機にさらされている時に、ちょっとした不便を問題視している場合でしょうか?舌癌を病院の治療で治そうということなのですから、多少の苦労はいとわない姿勢があってもよいのではないかと思います。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

 乳がんの名医の治療
手術を始めとした治療を乳がん名医から受けたいと願っている女性は多いと思います。症状は人それぞれですが、完治させたいという希望には共通のものがあるでしょう。それを叶えるためには、名医と呼ばれるほどの優秀な専門医の助けを借りたいのが本音ですが、どうやって乳がんの名医の下へたどり着けばよいかが分からないため、二の足を踏んでいる女性も少なくないでしょう。

ただでさえ告知によって精神的なショックを受けているところ、不慣れなことを前にしたら足がすくんでしまうのもうなずけます。まして、名医がいるかどうかは別として、病院ならあるのですから、妥協してしまう気持ちは理解できます。しかし、名医に乳がんの治療を任せていたら別の結果になっていたかもしれないと思うような事態を招くことは、限りある人生の中で悲しいことです。

手術になれば乳房の切除や再建等、女性として重要な選択を迫られることになります。そんな時、乳がんの名医が主治医として相談に乗ってくれれば、最善の選択を下せる可能性も高まるのではないでしょうか。切らない治療法として、ホルモン療法や放射線治療、抗がん剤もあります。どの方法が最低であるかの判断は、必ずしも容易なものではないのです。だからこそ、その判断を名医にしてほしいと考えるのは、自然な流れです。

後悔のない治療を受けるためには、主治医の力量を無視するわけにはいきません。本当に安心して任せることができるだけの名医と共に、乳がんの症状を改善させていきましょう。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

 喉頭がんが初期症状のうちに名医を見つける
喉頭がん初期症状のうちに発見できたのなら、末期に至るまでには時間があるということです。その場合なら、専門医から早急に治療を受けることはもちろん大切ですが、それと並行して名医を探す時間の余裕があります。

末期に近づくほど、残された時間は少なくなってきます。名医の治療を受けたいと願うなら、喉頭がんが初期症状のうちがチャンスです。探すのに多少時間がかかったとしても、許容範囲で済む確率も高く、仮に名医が見つからなくても、治療の成功率が比較的高いのが、この時期です。

病気にならないことが一番ですが、喉頭がんが初期症状の段階で見つけられたことも、考えようによっては幸運なことです。もっと遅くに見つかるようなことになれば、生存率は低下して、ますます命が危険にさらされていたのです。そうした観点からすると、とても運に恵まれていたことになるでしょう。

健康な人にとっては、喉頭がんが初期症状であっても、恐ろしい病気にかかってしまって大変だと思うでしょう。しかし、末期の患者さんにとっては、早い段階で見つけて、治療を行うことができることがうらやましいものです。どちらの立場に立って考えるかによって、世の中の見え方は大きく異なるということでしょう。

一方が真実で、他方が虚偽というわけではありません。見方の違いだけです。しかし、喉頭がんを初期症状のまま放置してしまったのでは、悪化させようとしているのと同じことです。せっかく治療が可能な時期に見つけることができたのですから、専門医から治療を受けましょう。
末期に近づくほど、治療の代償も大きくなります。抗がん剤の副作用や、手術によって声を失うことが代表例でしょう。喉頭がんは初期症状から悪化した段階で、初めて腫瘍が見つかることも多々あります。早い段階で見つかったのなら、患者さんの中ではとても幸運な境遇にいると思ってよいでしょう。


癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

 胃がんの初期症状を名医に治してもらうために
胃がん初期症状の段階で発見することができれば、生存率や根治の可能性が高まります。問題は、胃の痛みや膨満感、吐き気、胸焼けなどの自覚が出てきた頃には、すでに進行してしまっていることが多いことです。そのため、胃がんの初期症状を体の不調として感知することは難しいのです。

自分の身体感覚として気付きづらい以上、定期的な検査を受けておくことが大切です。名医でも、病院に来てくれない患者さんには何もできません。まずは悪性腫瘍が発見するところからすべてが始まるのであり、胃がんの初期症状のうちに発見するためには、自主的に病院に来てもらう以外にはありません。

名医は専門医の中でも優秀な医師ですが、何でもできるというわけではありません。転移が進んでしまえば、それだけ治療にかかる期間も長引きますし、根治が困難になることもあります。胃がんが初期症状のうちなら内視鏡手術によって、体にかける負担も小さくて済んだのに、気付かずに放置してしまったばかりに長期にわたる放射線治療や化学療法を用いなくてはならなくなることもあります。

癌は恐ろしいものですが、不治の病ではありません。ただし、処置が遅れれば死亡率は高まっていきます。だからこそ、どれだけ迅速に対処できるかが問われるのです。定期的な検査を受けて胃がんを初期症状のうちに見つけ出すことができれば、名医に相談して大抵の場合は根治できるでしょう。

普段の暮らしの中で、少しだけ健康管理の時間を設けるかどうかが、寿命を大きく変えることがあります。悪性腫瘍を放置しないためにも、自分の体の状態を日頃から把握できるようにしておきましょう。そのための大切な一歩が、検査を受けに病院に行くことです。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

 大腸がんの手術を名医から受ける
大腸がん手術を名医から受けるためには、病院選びが鍵になります。執刀医の腕が結果に直結するだけに、ここで妥協することは将来に向けて大きな影響を及ぼすことになりかねません。ちょっとした失敗が、再発につながることもあります。

そのため、大腸がんの手術は名医に執刀してもらうのが、最も安心でしょう。これまでにも多くの手術を行い、技術にも定評のある名医であれば、信頼を置くことができます。どれだけの信頼関係を築けるかによって、精神的な安定の度合いも異なってきます。

大腸がんの手術の予定日が近づくにつれ、日に日に緊張と心許なさが募っていくのでは、精神的にも辛いでしょう。きっと大丈夫だという希望を持つことは、ストレスで身体に悪影響を与えないためにも大切なことです。

最近では、開腹をしないで内視鏡により、大腸がんの手術をすることも増えてきています。内視鏡を用いる場合には、開腹を伴う場合よりも身体にかける負担が少なく、術後の回復も短期間で済むというメリットがあります。ただし、内視鏡を使う場合には、開腹よりも難易度が増しますので、熟達した技術を持った名医が執刀医であることが理想です。

内視鏡を用いて大腸がんを手術するのは、基本的にリンパ節転移がない場合に限られます。したがって、症状が悪化してリンパ節への転移が進めば、それだけ治療における選択肢が狭まることになります。このことからも、いかに早期発見の重要性が伺えるでしょう。

直接、悪性腫瘍を切除できる大腸がんの手術は、完治に向けて有効な方法です。そこに名医の技術が加われば、鬼に金棒です。放射線治療や化学療法と上手に組み合わせることで、完治を目指してがんばりましょう。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

 大腸がん検診・検査の重要性
大腸がん検診検査を受けることは、初期症状を発見する上で欠かせないものです。初期症状のうちには自覚がないことがほとんどのため、定期的な検査を受けていないと、発見が遅れることになってしまいます。

いくら名医でも、大腸がん検診によって症状が発見されていない人に対しては、何もできません。病院に来てくれないことには、治療することだってできません。まずは悪性腫瘍の存在を認識することが欠かせないのですが、そのためには検査が必要です。

すぐに自覚できる病気と異なり、大腸がんは検診や検査なしでは発見が難しいのが現実です。しかし、悪性腫瘍を見つけるのが遅くなれば、その間にも症状は末期に近づいていき、死をもたらす危険が大きくなっていきます。

そのため、少なくとも年に一回は大腸がん検診を受けるといったように、定期的に検査を受けることが、初期の段階で発見するためにとても重要な施策となります。一般的には、血液や便を使った検査を行い、異常が見つかった場合に精密検査として内視鏡検査や注腸X線検査などを受けるといった流れになります。

これらの方法で大腸がん検診を受けておくことによって、早期発見の確率が高まります。理想としては、健康なままで治療や名医など無縁に暮らせたらいいのですが、どうしても加齢と共に健康リスクは増大します。対抗策として、検査を受けておくといったことも重要性を増していくのです。

大腸がん検診を受けて、特に症状がなければ安心を得ることができますし、悪性腫瘍が発見されれば、治療のチャンスを獲得できます。病院に足を運ぶのは面倒ですが、どちらにしても得るものはあるということです。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

 大腸がんの症状を名医と克服
大腸がん症状は名医の治療によって、克服できるものです。これまでにも、多くの症例が研究され、不治の病という悪名は払拭されました。しかしながら、今でも命に関わる大問題であることには変わりません。

名医ではなくても大腸がんの症状を治療することはできますが、やはり経験豊富な専門医の方が、より効果的な治療をすることを望めるでしょう。末期に発展してしまえば、徐々に生存率は下がっていきますので、それまでに対応することが大切です。

そのためには、大腸がんの症状が初期にとどまっているうちに発見することも大切です。いくら名医であっても、転移が進んでしまえば、それだけ回復させるのには時間がかかりますし、場合によっては完治させることができなくなることだってあります。

短期間で大腸がんの症状を克服するためには、名医による治療のほかに、検診によって初期の段階で発見しておくことが鍵になります。時間が経つほどに悪性腫瘍が広がったり、深化したりすることになりますので、克服を目指す上での障害となります。

初期には自覚がないことが多い大腸がんの症状ですが、血便や肛門からの出血、便通の異常、貧血などが一例として挙げられます。ただし、これらも他の病気の症状として見られるものであることから、なかなか自覚するのは難しいでしょう。

大腸がんの症状が発見されたら、一日も早く名医を見つけ、克服に向けて治療を始めることが大切です。完治に向けての取り組みは、時間との戦いという側面があることを忘れないで下さい。時間を無駄にすることは、生命を危険にさらすことになります。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

 前立腺がん手術を名医から受けられる病院
前立腺がん手術を名医から受けることによって、成功率や生存率の向上だけではなく、医療ミスの防止も望めます。経験豊富で技術も確かな名医であれば、専門医の中でも信頼できます。名医の前立腺手術であれば、一般的な専門医に任せる以上に、安心して任せることができます。

一般に、前立腺がん手術は開腹を伴う場合と、腹腔鏡を用いる場合とがあります。開腹の場合には、体への負担が大きく、腹腔鏡を用いる場合には開腹よりも高度な技術が求められるものの、体への負担は小さく、入院期間も短くてすみます。ただし、腹腔鏡の使用はモニター越しの操作となるため、開腹よりも難易度が増します。

開腹による前立腺がん手術の合併症としては、尿失禁や性機能障害、尿路感染などが挙げられます。一時的なものもありますので、これらの合併症が出ても、時間の経過と共に治っていく場合もあります。腹腔鏡の場合にも同様の合併症のほか、皮下気腫 、深部静脈血栓などが考えられます。

名医から前立腺がん手術を受けることにより、合併症についても併発するリスクは小さくできますが、危険を消し去ることはできません。どのような優れた専門医であっても、完璧に終えられる保証はないのです。

症状によっては、前立腺がんの手術がとても難しいケースもあります。転移の状態によっては、悪性腫瘍が広がってしますこともありますし、他の臓器に転移が進んでしまうこともあります。そのようなことになる前に、治療をしておくことが大切です。

前立腺がんの手術を受ける時には、その専門医や病院の実績を調べておくことが大切です。経験が足りない場合には、不測の事態に対応できるかどうかがあやしくなります。どのような状況にも対応できるだけの経験量をもっている病院を選ぶようにすることをお勧めします。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

 前立腺がんの症状を名医と克服へ
前立腺がんの症状を放置することによって、ますます悪化してしまう危険が大きくなります。そのため、名医への相談は早めにしておくことが望ましいでしょう。せっかく検査で発見することができたのですから、前立腺がんの症状を名医の治療で早めに完治させてしまいましょう。

告知を受けると、誰しも戸惑うものです。呆然としてしまう人も少なくはありません。しかし、できるだけ早く立ち直り、前立腺がんの症状と向き合ってください。もし名医を見つけるにしても、すぐに探し出せるわけではないでしょう。しかし、時期が遅れることは健康を考える限り、不利益に働きます。

名医を探し始めるタイミングを早めることによって、前立腺がんの症状が悪化する前に、見つけ出せる見込みが大きくなります。治療は迅速さが勝負ですから、大切なことです。検査によって早期発見することも大切なのですが、その後の行動を早めることも、同じくらいに意義深いことです。

現在では、前立腺がんの症状は治療することができるものとなっています。そのため、むやみに悲観する必要はありません。多くの方が克服して、健康な体を取り戻しているのです。もちろん、手術によって腫瘍を切除した結果、元の体と同じというわけにはいかないこともあります。

そうしたことを予防するためにも、まだ前立腺がんの症状が深刻なものにならないうちに名医の治療を受けておくことが求められます。早い段階であれば、体にかける負担を限定的にしながら、完治を目指すこともできます。悪化するほどに、選択肢が限られていくことを覚えておいてください。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

 舌癌の写真や画像を上手に活用する
舌癌写真画像を見ることで、言葉ではなかなか実感できなかった症状を理解することができます。やはり文章や言葉だけでは伝わりにくいこともあります。そのような場合に、視覚的に捉えることができれば、大きな進歩になるでしょう。

自分の現状を知ることから、第一歩が始まります。舌癌の写真は、そのために有効な手立てでしょう。症状についての理解が進まないままでは、名医を探したり、真剣に治療に取り組んだりするのが難しいということもあるはずです。

しかし、映像として舌癌の写真や画像を見ることによって、自分の体の状況や、今後予想される事態が把握できます。やや生々しすぎる感はありますが、理解を助けてくれるという意味では、とても重要な役割を果たすものだと思います。

幸いなことに、舌癌の写真や画像はインターネット上で数多く公開されていますので、見つけるのには苦労しないでしょう。いまいち実感が湧かないという方は、1度ご覧になることをお勧めします。

真剣に闘病生活を送るためには、危機感を持つことが不可欠です。その危機感を要請するのに舌癌の写真や画像が一役買ってくれることでしょう。あまり綺麗なものではないので、そうした画像に免疫のない方は注意してください。

名医の治療の効果は、症状の改善という形でもたらされるわけですが、必ずしも自覚症状と一致しているわけではありません。そんな時、舌癌の写真を思い出して、初期症状から末期に至るまでの経過をイメージすると、自分がどのような回復の軌跡をたどっているかを想像しやすくなるかもしれません。


癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

 すい臓がん闘病記の名医の姿
すい臓がん闘病記の中には名医の活躍が記載されていることがあります。他の病院では治癒の効果が見られなかったり、完治が難しいと言われたりしていたのに、名医の力で治ったという話もあります。

もちろん、すべてのすい臓がん闘病記に名医が登場するわけではありません。主治医である専門医の力量に疑問を持ちながら治療を受けている人もいるのですから、当然のことでしょう。専門医と信頼関係が築けない場合、どれだけ不信感を募らせることになるかが、よく分かる内容のものもあります。

命に関わる病気ですから、症状が思うように改善しないと疑心暗鬼になることもあります。すい臓がん闘病記を、専門医が医療ミスを起こした時に医療裁判用の資料として使うことを初めから意図して書いているのではないかと思うようなものも、中には見られます。

名医が見つかる人は一部だけですが、すい臓がん闘病記を呼んでいると、すべての人が信頼できる主治医にめぐり合ってほしいと願わずにはいられません。症状が悪化すれば、死を招くのですから、治療が上手くいかなかったとしても、やり直しの効かない病気です。

その緊張感が心細さを倍増させてしまいます。しかし、誰もが多かれ少なかれ不安や心許なさを感じていることをすい臓がん闘病記から読み取れば、少しは心を落ち着けることもできるのではないでしょうか?患者さんであれば、不安な気持ちは誰もが抱えています。

すい臓がん闘病記には、生きるためのヒントが多く詰まっています。治療や手術の方法だけではなく、どのような気持ちで治療に取り組んでいたのか、症状が改善しない時に対処していたのかを知ることは、参考になることや勇気付けられることが多くあるはずです。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

 すい臓がん治療を名医から受けたいなら
すい臓がん治療を名医から受けたいと真剣に考えるのであれば、まずは何としても名医を見つけなくては始まりません。そこからすべては始まります。もし、病院選びに手間取っていれば、その間にも症状は進行してしまうことになりかねません。

闘病生活は時間との戦いでもありますから、名医のすい臓がん治療にしても、タイミングが大切です。もし時期が遅れれば、それだけで大きなリスクを背負うことになる場合もあります。まず、心当たりがあるのなら、そこから調べるのが良いでしょう。だらだらと先延ばしにするのではなく、期限を決めてしまうことをお勧めします。

自分ひとりでは心細いということなら、ご家族や友人に相談するのもよいでしょう。すい臓がん治療や名医について、何か良いアドバイスをもらえるかもしれません。そうではなかったとしても、人に話すことによって、気が楽になることは珍しいことではありません。

また、今後のすい臓がん治療や名医探しの計画について話すことで、盲点を指摘してもらえることもあります。慣れないことだけに、自分の頭の中だけで考えたことには、落とし穴があることもあります。第三者の客観的な意見を聞くことによって、そのような盲点にあらかじめ気付くことができます。

すい臓がん治療には、ただ一つの正解があるわけではありません。考え方によって、様々な解決法があるものです。専門医選びにしても、絶対的な回答が存在するわけではなく、最終的には患者さんが納得できるかどうかが鍵となります。

自分の人生を振り返ったとき、納得できるかどうかを想像すれば、判断はできるでしょう。名医からすい臓がん治療を受けなければ後悔するかもしれないと思うのであれば、後悔の種は摘み取っておくべきです。


癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

 名医の胃がん治療の効果
胃がん治療を名医から受けることによって、再び健康な体に戻り、好きなものをたくさん食べたいと願う方にとって、問題なのはどうやって名医を探すかということでしょう。

胃がん治療を名医ではない専門医から受けられる病院はたくさんあります。見つけるのは難しくないでしょう。しかし、ひとたび名医を探し始めて気付くことは、情報が乏しいということです。医療関係の仕事に従事していた人でもない限り、病気のことについては詳しくないのが普通です。

そのため、胃がん治療をしなくてはならないと言われても、そんな実感はまるでないというのが、ほとんどのケースのはずです。唐突に告げられた闘病生活の始まりに、戸惑わないでいられる人は多くないはずです。

年齢を重ねれば、健康を害するリスクが大きくなることは当然のこととしても、それを肌身で感じている人は少ないものです。胃がん治療など、どこか遠くの世界の出来事と受け止めている人が、ほとんどのはずです。

そんな状態で、突然名医から胃がん治療を受けたいと思うようになったのですから、情報が不足していて当然です。まったくそんな趣味もなかった人が、骨董品や絵画について興味を持ち始めたようなもので、右も左も分からないのは仕方がありません。

ただし、時間が経過するだけ、症状が進行する隙を与えてしまうことになります。胃がん治療を名医から受けたいと願うのなら、あまり時間をかけているばあいではありません。ゆっくり試行錯誤するだけの暇はないのです。一刻も早く名医を見つけたい方は、「
癌と闘うために」を参考にしてください。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

 胃がん検診を受ける意義
胃がん検診は年に一回以上受けることが勧められていますが、これには十分な意味があるのでしょうか?自覚症状が出てから受けるのでは遅いのかと思う方がいらっしゃると思いますが、自覚症状が出た頃にはすでに初期とは呼べないことがあるうえ、胃潰瘍などと誤解してしまうこともあります。

そのため、たとえ自覚はなくても胃がん検診を受けておかないと、発見が遅れてしまうことがあります。名医に治療を受けたとしても、転移が進んだり腫瘍が大きくなってしまったりしては、それだけ完治が難しくなります。自分では気付かないことが多々あるという現実を認識した上で、胃がん検診を考えてみてください。

もっとも一般的に行われている方法はX線検査です。バリウム(造影剤)と発泡剤(胃を膨らませる薬)を飲んだ上で、粘膜を調べる検査です。ちなみに、バリウムというと、飲みづらいイメージがありますが、かつてと比べ飲みやすくて少量で済むものが開発されているため、それほど抵抗なく飲めるようになっています。

もし、胃がん検診で悪性腫瘍が発見されたとしても、慌てる必要はありません。初期のステージのうちに治療を始めることができれば、生存率は低くありません。不治の病のイメージがあるかもしれませんが、現在では完治を目指せる病気になっています。

早い段階で胃がん検診によって悪性腫瘍を見つけられれば、それから名医を探すだけの時間的余裕もできることになります。これは大きなメリットです。まずは自分の体に悪性腫瘍があることを認識しなければ、何も始まらないのです。

闘病生活で勝利するための第一歩が、胃がん検診で、そこから治療も始まります。名医の手術で腫瘍を切除したり、抗がん剤や放射線治療を用いたりと、治療の方法はいくつかありますが、共通して言えることは、早期発見を成功させることによって、完治できる可能性は高まるということです。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

 胃がんの食事の注意点
胃がん食事は密接な関係を持っています。毎日口にするものが、体に与える影響が小さくないことは、容易に察することができるでしょう。胃がんの原因に食事が該当することもありますし、予防となることだってあります。発ガン性の高いものばかりを口にしていれば、症状が出るのも仕方がないでしょう。

このように、胃がんが食事によって誘発されることがあります。消化器官が食べ物によって負担をかけられることは理解しやすいことかと思います。一食ごとの負担は小さくても、長年継続することで、無視できない結果となるのです。

体によいものを口にすれば健康維持や病気の予防になりますし、胃がんが食事で引き起こされるようなことだってあります。対照的ですが、意識していないと、自分がどちらに属しているかもわからなくなってしまいます。

また、手術をした場合、術後に胃がんの食事のことを考えておくことも大切です。何でも好き勝手に口にしていいというわけではないので、専門医と十分に協議を行っておくことが必要です。一方的に話を聞くのではなく、自分の好物なども含めて、できるだけ無理なく継続できるようなメニューを相談する方がよいでしょう。

しばらくの間は我慢できても、胃がんになって食事も長期間に渡って厳しく制限されたのでは、精神的に参ってしまいます。そうならないように、体に無理をさせないようなメニューで、自分の楽しみにもなるようにしておくことが大切です。

治療は一時的なものではありません。胃がんのために食事に気を使うのであれば、短期的な視点だけではなく、長期的な観測を持つ必要があります。名医であっても、口にするものを管理することはできません。あなたの意思の強さが問われることになります。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

 胃がん闘病記には名医探しのヒントが満載
胃がん闘病記に名医の記載があることは珍しいことではありません。したがって、そこから名医を見つけるためのヒントを得ることができるのです。病院名や医師の名前が公開されていることもありますし、ネット上で公開されている胃がん闘病記の中に、管理人の方の連絡先が記載されていることもあります。

メールで直接医師の所在を問い合わせれば、教えてもらえる可能性は十分にあるでしょう。もちろん、胃がん闘病記に記載されていることのすべてが信憑性のある情報と言うわけではありませんので、検証は自分で行う必要があります。

誤った情報をつかんで被害をこうむるのはあなたです。胃がん闘病記に名医として記載されていても、それは十分な取材に基づいたものではないことが多々あります。あくまでも著者の方の率直な感想でしかない可能性を考慮しておくべきでしょう。

そのような落とし穴があるにしても、胃がん闘病記が名医探しに一役買う存在であることは変わりません。また、それ以外の役割を果たすことも無視することはできません。たとえば、治療や手術、症状の経過などについて患者さんの目線から捉えた場合の物の見方を知ることができます。

専門医からの情報は、あくまでも治療を行う病院側から見たものです。いくら患者側の立場に立っているつもりでも、症状を患っていない専門医には分からない感情もあります。その点、胃がん闘病記は実際に症状を治療している患者さんが執筆しているものですので、共感できる部分も多いはずです。

仕事や日常生活と、治療との兼ね合いを理解すると意味でも、具体的な事例を見ておくことは心の準備をする上で、大いに役立ちます。今後、自分の身に起こることに対する備えのためにも、胃がん闘病記を読んでみてはいかがでしょうか。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

 胃がんの手術は名医に執刀してもらう
胃がん手術は名医が執刀医となってくれることが望ましいです。多くの経験があり、高い技術を誇る名医であれば、成功に導いてくれる確率も高まるでしょう。不慣れな医師に任せたのでは、不安が募って仕方がありません。

一言で胃がんの手術と言ってもいくつかの方法があり、初期症状の患者さんで、粘膜の表面に腫瘍がが留まっており、リンパ節への転移が無いと考えられる場合は内視鏡にて切除することが可能です。

また、腹腔鏡を使って胃がんの手術を行うこともあります。内視鏡では対応できない場合でも、通常の開腹の場合と比べて体への負担が少なく、術後の回復も早いことが特徴です。この場合、腹腔鏡を入れるために1cm程度の小さな穴をあけることになります。

最後に、回復を伴う胃がん手術があります。これがもっとも基本となるものであり、腫瘍の範囲が比較的広く分布している場合などに用いられます。内視鏡や腹腔鏡を用いる場合に比べると、体にかかる負担は大きくなります。

どの方法を用いるにしても、名医から胃がんの手術を受けたいと思う患者さんが多いと思います。その時になってから慌てなくて済むように、できるだけ早い段階で名医を見つけておくことがとても大切なことになってきます。

胃がんの手術は、化学療法や放射線治療と比べても、心理的に抵抗が強い治療方法です。上手くいけば悪性腫瘍を切除して完治が見込めるものの、失敗した時のことを想像すると、なかなか踏み切れないというお話はよく聞きます。

しかし、決断を先延ばしにすることで、問題が解決するわけではありません。放置すれば、その間にも症状は悪化し、転移してしまうリスクも大きくなります。胃がんの手術を任せられる名医を見つけ、完治を目指してがんばりましょう。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

 肝臓がん治療を名医から受けられる病院
肝臓がん治療は名医に担当してほしいと願う患者さんは、全国に大勢いらっしゃることでしょう。その一方で、実際に名医を見つけることができる方は少数派ではないでしょうか。情報が片寄っているために、このような現象が生じます。

名医からの肝臓がん治療を望む気持ちは同じでも、優秀な専門医についての情報を獲得できた人と、そうでない人とでは、まったく別の道を歩むことになるのです。どちらになるのかは、あなた次第です。ただし、考え方によっては、この状況はチャンスでもあるのです。

なぜなら、名医からの肝臓がん治療を受けられる病院が周知されていたら、先着順や抽選での受付になり、診てもらえるかどうかは運次第になってしまいます。これは不安定で仕方ありません。一部の専門医に患者さんが殺到してしまうのですから、仕方のないことでしょう。

しかし、現実は情報がうまく行き渡っていないために、そのようなことはありません。肝臓がん治療を名医から受けられる病院を見つけることさえ出きれば、そこで治療してもらえる可能性は高くなります。つまり、道のりは険しいものの、うまく乗り越えればそれに見合うだけの報酬が待っているのです。

どちらが理想と思うかは、その人によって異なるでしょう。しかし、肝臓がん治療には時間の猶予がありません。今の医療の現実を受け入れることから、すべては始まります。何もしなければ、専門医の実力についての情報などは入ってこないのですから、病院選びに真剣に取り組もうと思うなら、自ら情報収集を行わなくてはなりません。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

copyright © 2005 癌の名医がいる病院。命を救う癌専門医の治療や手術 all rights reserved.